突発的だった北九州旅行

学生時代の親友からの電話で

OLをしていた親友が、お父さんの転勤と同時に福岡へと引っ越しました。当地で仕事を見つけたと聞いたので、新しい生活を祝福する気持ちでいましたが、ある日、とても暗い声で電話がかかってきました。元気に振る舞っていたけれど、不安や悩みがあったのでしょう。声を聞いているうちに咄嗟に言いました。「今から行くよ」と。三連休を目前に控えた週末のことでした。

それから夜行バスに乗って大阪へ行き、さらに新幹線を乗り継いで福岡に着きました。今にして思えば、無謀としか言えません。いきなり訪れた私を見て、ご両親は面食らったことでしょう。

けれど、久しぶりに見た親友の顔が明るかったので胸を撫で下ろしました。ああ、来てよかったと。

思いがけず楽しかった北九州旅行

親友の話をじっくり聞くつもりで旅立ったのに、お父さんが運転する車であちこちに連れて行っていただきました。銘菓・梅ヶ枝餅が販売されている菅原神社。白いスープが濃厚でおいしい博多ラーメンの有名店。親友とバスに乗り、長崎と佐賀にも足を伸ばしました。初めて訪れる北九州はエキゾチックな雰囲気に満ちていて、椰子の街路樹を見た時には驚きました。

帰りは飛行機を使いましたが、後になって親友から聞きました。私に機内で食べてもらおうと、お母さんがお弁当を作って駆けつけたそうです。けれど、空港に着いた時はすでに飛行機が離陸したあとでした。その話を電話で聞きながら、胸が熱くなったことを覚えています。

こちらのサイトから倶知安行きのタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。