世界観が変わる初めてのハワイ

常夏の国で気分は最高

初めての飛行機に乗り、人生初の海外旅行はハワイへの旅でした。日本を出発する時から全てにおいて初めての事ばかりで、若かった私は終始ドキドキワクワクの連続でした。夜の搭乗だったので、日の出を雲の上で体験した時、あまりの美しさに涙が出たのをよく覚えています。そしてようやくハワイ到着の時です。飛行機から降り最初に見上げた空が青くて、これが日本と同じ地球の空なのか?と不思議な気持ちでした。最初に口にしたフルーツとアイスクリームが何と美味しかった事でしょう。カラッとした常夏の暑さが心地よく、現地の人々の満面の笑みのお出迎えで、到着して数分でここに来て良かったと思えたのです。

まさにリゾートを満喫

美しい海・ヤシの木が立ち並ぶ海岸通り、目に映る景色の艶やかさは感動ものでした。日々仕事に追われて溜まりきったストレスを、のんびりバカンスを楽しむ事でリフレッシュできる気がしました。日本の芸能人はハワイが大好きですが、その気持ちがようやく理解できました。現地のガイドさんが話していましたが、日本人は今日中に何やり遂げなければという責任感が強いが、ハワイでは何でも明日、明日だそうです。それを聞いて自分の視野の狭さを感じ、時間にとらわれず旅を堪能しようと決めました。ゆっくり買い物を満喫し、会話を楽しみながら食事をする、夕暮れの海岸を散歩したり夜景を眺めたり、本当のリゾート気分を味わう事ができました。海外へ行くと世界観が変わる、という意味を実感できたハワイの旅でした。

夏になったら敦賀で話題のタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。

格安で行ける夜行バス

夜行バスでディズニーランドに

少しでも安く旅行に行きたい、そしてギリギリまで満喫したいそんな旅行を叶えてくれたのが夜行バスでの旅行です。夜遅い時間に出発し、朝早い時間にディズニーリゾートに到着します。開門する前に到着できるので開門したらすぐに行きたいアトラクションにいくことができます。始まりから終わりまで一日中いることができ、閉門してからバスに集合して帰ります。バスなので門から比較的近い所に停まっているので便利です。あとは帰るだけです。車中に2泊するので体力的には大変でしたが、ギリギリまで遊べで安かったので満足できたのです。

夜行バスで東京にいってきた

夜行バスを利用して東京にいってきたのです。何度も利用したことはあったのですが、いつもよりはゆったりしているのにしてしかも女性専用のバスで行ったのです。女性専用ということもあり、なんだか安心して寝ることができ快適にいくことができたのです。朝早くに着き築地にいき朝食を食べることからスタートし、浅草やスカイツリーなど東京観光を楽しんだのです。夜遅い時間の出発なので少し足をのばしたりもしてギリギリまで満喫できたのです。帰りも同じ所のバスで帰ったのでゆったりできたのであまり疲れることなく帰れたのです。多少はバスの料金は高くはなりますが、新幹線と比べたら全然安いのでよかったです。

秋になったら柳川行きのタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。

旅行の楽しみは寄り道している中にあるかも

偶然立ち寄った場所に美味しいものが

旅行は車で移動するのが寄り道しやすくてお勧めです。ある程度予定していたところを観光したら、寄り道をしてみましょう。意外な発見があります。ちょっとお腹がすいた時や、なんとなく看板が気になって、偶然立ち寄ったお店に美味しいものがあったりします。ある山道を走っていると野菜を売っているような売店がありました。そこで勧められて食べた生のトウモロコシがあまりにも美味しくて感動したり、急にお腹が空いたのでふらりと立ち寄った稲庭うどんのお店が、今まで食べた中で一番美味しかった、など、偶然見つけたお店に美味しいものがあります。

寄り道して偶然見つけた美しい風景

有名な観光地ではないけれど、車を走らせていて小さな看板に目が止まり、いままで何度も寄り道してきましたが、何年か後に思い出して、リピート訪問してしまう場所もあります。看板に沿って歩いていくと突然美しい滝が現れたり、人通りが殆どない木製の遊歩道を歩いていくと岩盤から蒸気が至るところから噴出していて、小さな間欠泉のようにお湯を吹き上げていたり、まるで人工で作られたアトラクションのような雰囲気の場所を見つけてしまったこともあります。また、観光客が全くいない美しいビーチを何度も発見したことがあります。旅の途中の寄り道は楽しいものです。

春になったら京丹後行きのタビマスターズを活用して旅行を計画しよう。

一生に一度は行きたかった場所、トンガへ!

意外?日本と交友が深い国!

トンガは日本とは、実は非常に馴染みが深い国です。トンガの中には日本企業が建設した建物が多々あり、また青年協力隊の人々が常に数人滞在し、国の発展に貢献しています。そのため、首都ヌクアロファのあちこちには、日本への感謝を込めた碑石などがありました。また、国王がいる国で、あちこちに王様を敬う表示を見かけました。かといって、偉そうに踏ん反りかえった王様ではなく、島民の人々から愛される、とても気さくな王様であるようです。天気のいい日には、自転車で気ままにサイクリングする姿も見かけるという話でもありました。

美しい島の周りには、サンゴ礁の海!

トンガはたくさんの島々から成り立つ国です。太平洋を航海するヨットの停泊地としても知られており、北に位置するババウという島には、たくさんの美しい外洋船が停泊していました。さらに、ババウの周りには、とても美しいサンゴ礁の海が広がっています。透明度の高いサンゴの周りには、色とりどりの熱帯魚が泳ぎ、まるで別世界。スキューバの装備なしで、スノーケルで気軽に楽しむことが可能です。真っ白な砂浜にトロピカルなフルーツ。ふくよかで大らかなトンガの人たちの笑顔に囲まれる、とても幸せな時間をトンガでは体験できました。

冬になったら美瑛で話題のタビマスターズを使って遊びに出掛けよう

突発的だった北九州旅行

学生時代の親友からの電話で

OLをしていた親友が、お父さんの転勤と同時に福岡へと引っ越しました。当地で仕事を見つけたと聞いたので、新しい生活を祝福する気持ちでいましたが、ある日、とても暗い声で電話がかかってきました。元気に振る舞っていたけれど、不安や悩みがあったのでしょう。声を聞いているうちに咄嗟に言いました。「今から行くよ」と。三連休を目前に控えた週末のことでした。

それから夜行バスに乗って大阪へ行き、さらに新幹線を乗り継いで福岡に着きました。今にして思えば、無謀としか言えません。いきなり訪れた私を見て、ご両親は面食らったことでしょう。

けれど、久しぶりに見た親友の顔が明るかったので胸を撫で下ろしました。ああ、来てよかったと。

思いがけず楽しかった北九州旅行

親友の話をじっくり聞くつもりで旅立ったのに、お父さんが運転する車であちこちに連れて行っていただきました。銘菓・梅ヶ枝餅が販売されている菅原神社。白いスープが濃厚でおいしい博多ラーメンの有名店。親友とバスに乗り、長崎と佐賀にも足を伸ばしました。初めて訪れる北九州はエキゾチックな雰囲気に満ちていて、椰子の街路樹を見た時には驚きました。

帰りは飛行機を使いましたが、後になって親友から聞きました。私に機内で食べてもらおうと、お母さんがお弁当を作って駆けつけたそうです。けれど、空港に着いた時はすでに飛行機が離陸したあとでした。その話を電話で聞きながら、胸が熱くなったことを覚えています。

こちらのサイトから倶知安行きのタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。

京都に旅行へ行ってきました

天橋立から見た京都の景色

京都に旅行に行った際に、天橋立に行きました。天気が非常によく、日本三景のひとつである天橋立に言った際には股の下から景色を見る事により、現実のものとは思えないような非常に美しい景色を堪能する事ができました。

股覗きによって見える景色は空と海が逆転した幻想的な空間で、天橋立は天にかかる橋のようでした。日本三景と呼ばれるだけあって鳥肌がたつほどの感動が股の下にあり、そこから見える色鮮やかな景色には驚かされました。自然を沢山堪能できて、景色もかなり美しかったので、また機会があれば行ってみたいなと考えています。

京都の観光名所と天橋立公園

京都観光の際に、天橋立公園に行ったのですが、公園には沢山の木々が茂っていてまるで江戸時代のような風景がそこにはありました。茶屋などもあり、中に入ると非常においしいお団子とお茶を用意してくれました。値段も安く、程度団子はひとつ100円程度でした。非常に甘みがあって、それでいて上品な味わいでお茶との相性がよく、柔らかな食感と上質な甘みを堪能しました。

お土産を販売するお土産屋さんでは変わった味のキャラメルなどもあり、ジンギスカンキャラメルを購入して食べてみました。味はひどい物でした。そもそもジンギスカンとキャラメルを組み合わせるというのが間違いなのだとキャラメルと口に含んだ瞬間思いました。なんとか食べようとしましたが体が拒絶して吐きだしました。旅館ではおいしい魚料理を食べました。楽しい1日でした。

ここで茨城にいるタビマスターズでいつもより楽しい時を過ごそう。